こんにちは。
Sakaseru代表取締役の小尾です。

こちらの記事では、大切な方への、ご移転、お引越しに伴う、喜ばれるお祝いのお花の贈り方をご紹介させて頂きます。

以前、六本木から移転されたIT企業様のご移転祝に伴う胡蝶蘭のリユースのお手伝いをさせて頂きました。
https://about.yahoo.co.jp/info/move/

お手伝いをさせて頂いた背景としましては、移転や引っ越しに伴い、大量の胡蝶蘭がお届けされる中で、
胡蝶蘭は長持ちのするお花ですので、その管理が非常に大変なので、一定期間胡蝶蘭を飾ったら、他のアレンジメントに再利用できないか?
そういったお話を企業様とさせて頂き、お手伝いを致しました。

リユースさせて頂いた胡蝶蘭は、Sakaseruフラワーデザイナーの手によって、また新たな生命を吹き込まれ、
多くのお客様に喜んで頂けました。

移転当日。
引越し先のオフィスの一部は、胡蝶蘭で数百鉢埋め尽くされる状態となっておりました。
胡蝶蘭は品がありとても美しいのですが、胡蝶蘭はどちらのお花も形状が一緒ですから、
来社される方は、胡蝶蘭に立つ札を注意深く眺めている状況でした。

一方で、胡蝶蘭が並べられているエリアとは別に、
正面玄関では、コーポレートカラーや、個性あふれるアレンジ花やスタンド花が美しく咲いていました。

来社される方は、花自体を眺め、「このお花はオフィスの色と合っているね。」といった会話をされていました。
アレンジ花やスタンド花は、季節の花々で彩られ、その雰囲気も異なりますから、一つ一つのお花に目が止まります。

花を扱っている私達としては、札だけで無く、贈られるお花自体の美しさや楽しさも楽しんで頂きたい。
その様に強く感じます。
これは、Sakaseruに訪れて下さっている皆様も同じだと信じています。

それでは、喜ばれるご移転、お引越しに伴う祝い花の贈り方をご紹介させて頂きます。



目次



フロアのサイズに合ったお花がおすすめです



事業の拡大や、よりその会社様の世界観を色濃く出すため等、ご移転や引っ越しの理由は様々です。

その際に、大切な皆様から贈られてくるお花からは、かけがえのない喜びと勇気を貰うことが出来ます。

同時に贈られてくるお花は、枯れるまでその空間の一部として存在しますので、その空間に合ったサイズ感であることが、とても大事な条件になってきます。

空間全体として見た時のおすすめのサイズ感は、

- エントランスの面積の大きな会社様
スタンド花の様な大きなお花(高さが約170cm)や、アレンジ花であっても床に置かれることを想定して、高さのあるアレンジ花(高さが約50cm〜70cm)がおすすめです。
ご予算の目安としましては、2万円〜3万円の間になります。



引っ越し・ご移転祝いに贈られたスタンド花



- こじんまりとした事務所様
アレンジ花を贈られることをおすすめ致します。大きすぎるお花は、こじんまりとした空間を圧迫してしまいます。エントランスのカウンターや、デスクの上に置かれることを想定して、高さ20〜30cm程度のアレンジ花がおすすめです。
ご予算の目安としましては、1万円〜2万円の間になります。



引っ越し・ご移転祝いに贈られたパステルカラーのアレンジ花



ご予算はあくまでも目安で御座いますので、用途や置かれる空間のことなど、お分かりになられる範囲で私達にお伝え頂ければ、ご予算内で最適なサイズ感にてお作りをさせて頂きます。



コーポレートカラーや内装に合った雰囲気のお花がおすすめです



どの様なギフトも、お相手様のことを考える時間はワクワクしますし、ギフトを受け取る方も、相手が考えてくれた・想ってくれた、ということは金額以上の喜びがあるものです。

それは、会社様間の祝い花であっても同様です。
引っ越しやご移転に伴う祝い花の場合、コーポレートカラーや内装に合ったお花をお届けされると、非常に喜ばれます。

先日とある企業様に伺った際に、コーポレートカラーのお花が並んでおり、ご担当者様の方が「コーポレートカラーを分かって贈って下さったことがとても嬉しい」

と仰っていたのが印象的でした。



引っ越し・移転祝いのコーポレートカラーの祝い花



内装に合った雰囲気のお花贈りも簡単です。
- ウッド調の内装
- コンクリート打ちっぱなしのモダンな内装
- 一般的なオフィスの内装
どの様なことでも良いですので、内装のヒントを私達にお伝えを頂けましたら幸いでございます。
それぞれの内装に溶け込むデザインにて、お花をご用意させて頂きます。



引っ越し・移転祝いの内装に合った祝い花



お花が空間デザインとしても素敵に形容出来れば、私達も大変光栄でございます



立て札・プレートはシンプルがおすすめです



良くご相談頂く、祝い花に付ける立て札・プレートのお悩み。

実は、お花業界にも明確なルールは存在していません。

大切なことは、誰からお花が届いたかを伝えること、ただその一点です。

私達Sakaseruは、シンプルな立て札をおすすめしております。
何故なら、お花、そしてお客様のお気持ちがとても美しい物ですから、それを邪魔しない立て札が良いと考えるからです。

お届け先様の会社名や、お届け先様の代表取締役様名なども、不要です。
こちらが、目的を達成するための一番シンプルで美しい札の例になりますので、是非ご参考にして下さい。
※札中の名前は、送り主様のお名前になります。



引っ越し・ご移転祝い花のプレート例



ご注文は3日前までがおすすめです



お花のご注文は、どうしても他の業務やお仕事の後回しになってしまいます。

私達もその事は重々理解をしております。

大変お忙しい中恐縮でございます。
お届けさせて頂くお花のご注文は、お届け日の3日前までをおすすめさせて下さい。

お花は、月水金に仕入れをすることが出来ます。
日本中どちらの市場も同様です。

3日前までにご注文を頂戴することが出来れば、先程の仕入れの曜日のどちらかには、必ず間に合わせることが出来ます。
特殊なお花であったり、通常店舗に入れないお花なども、市場で見繕って仕入れることが出来ますので、より、お客様の満足頂けるお花をお作りすることが出来ます。

ご案内状や、facebookの投稿など、色々な手段で引越、ご移転を知ることになられると思いますから、お花を贈ると決められましたら、是非仕入れの間に合う3日前までのご注文を頂ければ幸いでございます。

勿論、前日までのご注文には対応しておりますので、その際は、仕入れたお花の中から一番良いお花をセレクトしてお作りをさせて頂きます。

大切な方へのお花ですから、私達も仕入れから制作まで、一番良い仕事をさせて頂ければ幸いでございます。



大田花き市場の仕入れの様子



ご訪問された際にお花の話を少ししてみませんか?



引っ越し・ご移転のお花を贈られた後、ご挨拶や打ち合わせに行かれる機会もあるかと思います。

その際に話される、お花の話も、お届け先様との関係をより良いものにすることが出来ます。

折角コーポレートカラーや、内装の雰囲気に合わせたお花を贈られたのであれば、そのことをお伝えしても良いと思いますし、私達は、完成したお花に使わせて頂いたお花の種類やコンセプトを、配送完了時にお伝えをさせて頂いておりますので、そのことをお伝えしても素敵だと思います。

この瞬間、お花は会話のコミュニケーションとしてのツールになりますから、その後のお仕事などのお話も、より円滑に進めることが出来ると信じております。


ここまでお読み下さり、本当にありがとうございます。
ご用命頂くお花が、お客様と、お届け先様の架け橋になるお手伝いをさせて頂ければ、大変光栄で御座います。

素敵なお花贈りが出来るよう、最大限お手伝いをさせて下さい。



引っ越し・移転祝いに伴うお花の事例一覧はこちら。