YuuriHorino Yuuri Horino

SakaseruフラワーデザイナーYuuriHorino

YuuriHorino Yuuri Horino

品良くしとやかなHorinoのデザインは、ハズせないけど印象付けたいという時にぴったり。記憶に残る、艶やかなアレンジをお届けいたします。女性に贈るにもおすすめ。

予算
¥7,000(総額 ¥9,135)〜
対応可能な形
アレンジ花(置けるお花)/花束/スタンド花(関東ご配送)/ロゴフラワー
得意な雰囲気
フェミニン/上品

お届け可能な日 ※横スクロールできます

  • 02/29

    -

  • 03/01

    -

  • 03/02

    -

  • 03/03

    -

  • 03/04

    -

  • 03/05

    -

  • 03/06

    -

  • 03/07

    -

  • 03/08

    -

  • 03/09

    -

  • 03/10

    -

  • 03/11

    -

  • 03/12

    -

  • 03/13

    -

  • 03/14

  • 03/15

    -

  • 03/16

    -

  • 03/17

  • 03/18

    -

  • 03/19

  • 03/20

    -

  • 03/21

    -

  • 03/22

    -

  • 03/23

    -

  • 03/24

  • 03/25

  • 03/26

    -

  • 03/27

    -

  • 03/28

  • 03/29

  • 03/30

    -

  • 03/31

  • 04/01

  • 04/02

    -

  • 04/03

    -

  • 04/04

  • 04/05

    -

  • 04/06

    -

  • 04/07

  • 04/08

  • 04/09

    -

  • 04/10

    -

  • 04/11

  • 04/12

    -

  • 04/13

    -

  • 04/14

  • 04/15

  • 04/16

    -

  • 04/17

    -

  • 04/18

このデザイナーにオーダーメイド依頼

お客様へのメッセージ花とともに記憶や思い出を届けたい

from Yuuri Horino

私は今まで、花に癒やされエネルギーを貰ってきました。
その理由を「もっと知りたい」、そう思ったことをきっかけとして、花について学び、フラワーアレンジメントの教室に通い、花の仕事に飛び込みました。

私には、花の”文化"を創りたいという想いがあります。
家族団らんのテーブルに、おいしい食事があって、ワインがあって、お花がある。私はすべての家族がそんな状態であれば、極端な話、世界は平和だと考えています。
だから、花は枯れてしまうから、ではなくて、「枯れちゃったから新しいのを買いに行こう」と人々が自然にそう思える文化。お気に入りの花屋がそれぞれある生活。そういう、今より一段階上のものを創っていきたい。そうできるのが、花と、フローリストという職業なのです。

お花の飾られたテーブルについて、家族であたたかい食事をとりながらワインについて話している。
男性がお花を買って女性に贈り、ロマンティックな時間が流れる。

お客さまに、そんな記憶や思い出をお届けしたい。「お客さまが何を求めているのか」考えながら、記憶や思い出に残る、選ばれ続けるフローリストでありたい。そのような想いで、お花をお作りしています。

Yuuri Horinoの祝い花事例