Interview

舞台 女王の戦略 鐘ヶ江洸様宛フラスタ インタビュー

「今日も頑張ろう」という力をあげられたらいいな

赤とシルバーのコントラストが印象的な、こちらのフラワースタンド。併記できないのが悔しいほどに、ご公演のフライヤーやイメージカラーをお花へ昇華させています。 お客様からは完成時、「過去にも何度もフラワースタンドを贈ってきましたが今までで1番素敵なお花となりました」との非常に光栄なお言葉も。 そこまで深くご満足頂けた背景には、どのような想いがおありだったのか、この度インタビューでお答え頂きました。

Q:今回はなぜ、Sakaseruでオーダーしようと思ったのですか?他のお花屋さんと比較して決定されたのであれば、何店舗くらい検討されていましたか?

今回の祝花を送るにあたり、Sakaseru様の他にももう1店舗検討していたお花屋さんがありました。

しかしSakaseru様へ1番最初にご相談をさせて頂いた際に送り先の役者さんのお名前を添えていたのですが「以前の公演の際にもお届けしましたのでお任せ下さい。」とお返事を頂き、“以前にも同じ役者さん宛に祝花を制作した事がある”という事を覚えていらっしゃるという事は1つ1つの祝花にしっかり向き合い、且つ心を込めて取り組んでいらっしゃるのだろうととても頼もしく思え即決しました。

Q:Sakaseruは花屋のサービスとしては少し珍しいものかと思います。 オーダー前、もし不安だったことがございましたら教えて下さい。 また、実際に使ってみてどのように感じましたか?

ホームページには過去の事例も沢山掲載されていましたし利用された方の声なども伺う事が出来たので不安というのは感じませんでした。

Q:この度はフライヤーとお役柄のイメージを頂戴し、お作りさせて頂きました。お花のイメージは普段、どのように決められるのでしょうか?

基本的にはいつも作品や役柄のイメージで決めています。

コメディ作品ならば明るい色、クールな役柄ならば青系等、最初は単純に色合いから決める事が多いです。

フライヤーが解禁されてからはそのフライヤーのイメージも加えて依頼する事もあります。

Q:「過去にも何度もフラワースタンドを贈ってきましたが今までで1番素敵なお花となりました」との大変嬉しいお言葉、本当にありがとうございます。どのような部分がそのお言葉に繋がりましたか?

フライヤー全体の色合いが黒、シルバー、赤だったのでそういう雰囲気のお花になればいいなぁと思っていたのですが、実際シルバーという色で制作出来るのかという疑問もありシルバーが難しいのであれば赤1色でお願いしようと考えていた所に担当して下さった加納様から「黒やシルバーを入れるのはどうですか?」というご提案を頂き「シルバーなんて入れられるんだ!」という驚きとこちらに寄り添ってくれたように感じたその暖かさがとても嬉しかった事が1つです。

もう1つは実際にお花を観て、まさにフライヤーを体現したような出来上がりでとても感動したからです。

Q:お客さまにとって、「花贈り」とはどのような意味を持ちますか?

月並みですが「いつもありがとうございます」と「最後まで見守っています」という気持ちで贈っています。

お花は眺めているだけで凄く大きいパワーを貰えるものだと思っています。

なので私がお花を贈る事で会場に並ぶお花たちから「今日も頑張ろう」という力をあげられたらいいなという想いもあります。

インタビューを終えて

お花を通じ、応援されている方へ力をあげたい。お花贈りへの純粋な想いをお伺いすることができました。 スタッフは「絶対与えられてますよ!」と言いたくなってしまいます。このように強く想い、ご自身を応援してくださる方の存在が、嬉しくない人などいるでしょうか。 その応援の形に、Sakaseruをご利用頂いたこと。そして深いご満足を頂けたこと。本当に光栄に思います。 お客様、この度はインタビューにお答え頂き、本当にありがとうございます。 この場を借りて御礼申し上げます。