Interview

舞台 魔法少女(?)マジカルジャシリカ ☆第壱磁マジカル大戦☆ 伊藤節生様宛てフラスタインタビュー

気に入った部分…あえて言うなら全部です。

和風な黒をベースにしながらも、可愛らしさとポップさが垣間見えるこちらのお花。贈り先さまである伊藤さまの、お衣装をイメージして制作されました。その再現度に、ご依頼主であるお客様に大変喜んで頂き、またスタッフから見ても、「これはすごい…!」と感じたこちらのスタンド花。実は今回のお客様は、お花贈りが初めてだったとのことです。 初めてのお花贈りにSakaseruを選んで下さり、また本当に嬉しそうな喜びのお声を聞かせて下さったこと。 それが私共運営スタッフとしても大変嬉しく、よりその想いを深掘りしてお伺いしたく、この度インタビューをお願いさせて頂きました。

Q:元々、なぜSakaseruでオーダーしようと思ったのですか?他のお花屋さんと比較して決定されたのであれば、何店舗くらい検討されていましたか?

まずお花を贈ろうと思ったのは、私が応援している伊藤節生さんが舞台のヒロイン役に決まった事でした。

私は今までお花を贈った経験はありませんでしたが、伊藤さんが女装ヒロインを演じるのは初めてでしたし、役者人生において今後あるかどうかというヒロイン役でしたので、お祝いと感謝の気持ちからお花を贈ることを決めました。

最初はグーグル画像検索で出てくるお花の写真をざっと見て、気になったものからお店を探していました。

が、ホームページを見ても分かりづらいお店が多く、なるべく手軽そうなもので簡単にお願いできるところを探していたらSakaseru様に辿り着きました。

5〜10店舗ほど見ましたが、ホームページを見てすぐここにお願いしようと決めました。

過去の制作例が多く掲載されていて、また価格やお花をお願いする流れも分かりやすく、チャットでのやり取りなのが多忙でも連絡を取りやすいこともあり、ほとんど悩まずオーダー致しました。

Q:この度、初めてのお花贈りとお伺いしております。完成後のチャットで、「初めてお花を贈るので緊張しておりました」とも頂きましたが、どのような部分にが一番不安でしたか?

まず第一に「お花を贈るって何をどうしたらいいんだ!?」と本当に知識がない状態でしたので、ほとんど全てが漠然と不安ではありました。

ただその緊張もお花を贈ること未経験ゆえのもので、出来上がったお花の写真を見せて頂いた時には「うわー!!凄い!!素敵!!」と嬉しくて不安なんてどこかへ飛んでいきました。

今まで様々な役者さんがSNSやブログ等に「お花ありがとうございます」と写真を上げていらっしゃるのを見るだけだった私が、こうしてきちんとお花を贈れるものなんだなあとしみじみ思いました。

Q:お衣装のイメージでオーダーを頂戴しました。 今回、初めてお花を贈るにあたっては、なぜお衣装のイメージだったのでしょうか。 ご希望を決めるにあたってお考えになったことを教えて下さい。

今回は伊藤さん個人のイベントではなく役者として演じる舞台に添えるお花でしたので、彼に合わせるよりも彼が演じる役に合わせられるならその方がいいかな、という曖昧な意思のもとイメージカラーなど決めず衣装を参考にして頂きほぼ全てお任せ致しました。

デザイナー様の過去の制作例を見たら素敵なお花の数々に安心してお任せできましたし、私自身が優柔不断かつ仕上がりの理想も特に無かったので「まあ花の事は花屋さんに任せとけばなんとかなるか!」というアバウト具合でいきました。

衣装を参考にとしか明確にお伝えしておりませんでしたし、フラスタとしてのお値段も一番低価格なものを選んだにも関わらず、とっても素敵なお花にお作り頂いて本当に嬉しかったです!

Q:完成したお花について、気に入った部分などありましたら教えて下さい。

気に入った部分…あえて言うなら全部です。

色遣い、雰囲気、どれも合っていて…ひと目見てすぐあの衣装だと分かるところが凄いです。

正直なところお花のお色や「和風にお作りしますね」とお伺いしていても、私のお花に対する知識や想像力が及ばずどんなフラスタになるのか仕上がりの想像が全く出来ていなかったのです。

理想像も無かったのに、実際に見たら「求めていたものはこれだ!」と思える素敵なお花で驚きつつ、フラワーデザイナーさんって凄いんだなあ…と感心致しました。

伊藤さんが二度お花の写真をTwitterに上げてくださり、それを見て改めて贈ってよかったなと思いました。

Q:次回以降、もしまたお花を贈る機会があれば、今度はこんな風にしてみよう、というような展望はありますか?

お花を贈るのはもちろん応援したい気持ちからですが、一つの花が誰かの目に止まり、もしかしたら次のお仕事に繋がる可能性を拾い上げるかもしれない。そんな風に思うと、またいつか、そっと背を押すようなお花を添えたいなと思います。

あとはやはり生粋の優柔不断人間なのでイメージカラーはお任せにしたいです(笑)

改めまして、素敵なお花をお作り頂きありがとうございました!

インタビューを終えて

タイトルにさせて頂いた、「気に入った部分…あえて言うなら全部です。」というお言葉。ここまですぱっと、気持ちよく言って下さる方もなかなかいらっしゃいませんので、この一文を目にした瞬間タイトルにしようと決めさせて頂きました!! きっと初めてのお花贈りで「おまかせ」を選ぶことに、多少はご不安もあったと思います。その中でSakaseruのフラワーデザイナーを信じおまかせ下さったこと、本当に嬉しく思います。今回は本当に、「おまかせ」下さったからこそフラワーデザイナーの感性がひらめいたのだと確信しております。 インタビューの最後にはお客様から御礼のお言葉まで頂いてしまいましたが…こちらこそ、本当にありがとうございます。改めて心より、御礼申し上げます。 おまかせでも、今度は細かくご自身で考えて頂くのも大歓迎ですので、またのご依頼、楽しみにお待ちしております。 この度はオーダーからインタビューまで、本当にありがとうございました!