Interview

ライブ THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE 炎陣様宛て楽屋花

お花の持つ「便箋には語れない言葉」

ド派手かつひと目で大変な想いが込められていることがわかる、こちらの楽屋花。お贈り先の声優さまにもTwitterに挙げて頂き、Sakaseruにとっても思い出深いお花となりました。 しかもお花とご一緒にさせて頂いているパネル、こちらは一つ一つイラストを描かれた方が違い、またお花のご料金も多くの方が出資されています。これだけ「気合」の入ったお花も中々お承りできません。是非、お話を伺いたいと思い、インタビューにお答え頂きました。

Q:元々、なぜSakaseruでオーダーしようと思ったのですか?他のお花屋さんと比較して決定されたのであれば、何店舗くらい検討されていましたか?

A:色々と調べていた中でSakaseru様はアーティストや舞台俳優・声優への楽屋花を強く推されている珍しいお花屋さんだと感じました。また最近シンデレラガールズのライブでは花を贈れるかどうかの公表が遅い傾向にあるので、今回の会場(埼玉)に近い首都圏・東京のお花屋さんというのも決定打の一つでした。

Q:Sakaseruは花屋のサービスとしては少し珍しいものかと思います。 オーダー前、もし不安だったことがございましたら教えて下さい。 また、実際に使ってみてどのように感じましたか?

A:事例をかなり見ていましたが、Sakaseru様にご紹介頂いたのは気になっていたアーティストのYuuri Horino様だったので大変驚きました!

Q:これまでご公演へのお花は何回程度、贈られましたか?初めて贈ったのはいつ頃で、なぜ贈ろうと思ったのですか?

A:今年の9月に1度だけ他のお花屋さんに頼みました。待望の新曲を初披露するかも?!というタイミングでした。この時は今回ピンクのお花部分にあるイラストを描いてくれた子と一緒に、絶対に成功してほしい!という願いを込めて作業し、お花屋さんに仕上げて頂きました。

Q:パネルをご自作、絵師様も複数で、皆さんでお金を出し合っての大掛かりな企画を運営されたのですね! 今回何故、企画をしようと思ったのですか?また企画の中で一番大変だったのはどんな部分ですか?

A:アイドルのユニット名が「炎陣」なのですが、それぞれのメンバーのアイドルが好きな炎陣女子1人ずつで集まってお花を出したいね〜。という話が以前よりありました。6thライブの初日に炎陣の声優さん全員が揃う!ここでやるしかない、ということで企画をさせて頂きました。ライブはその日一日一瞬しかない出来事です。オリジナルのメンバーが揃わないユニットも沢山ある中、全員揃うのは本当に有難いことですし、「ハンパな気持ちはいらねえ」人達で揃ったからこそ出せるな花で応援したいという気持ちがとにかく強かったです。 大変だった部分は名前パネルのデザインです。声優さんの名前を読めるようにしながら花の邪魔をしすぎない大きさで、炎陣が歌う「純情Midnight伝説」のステージにあるモニターに寄せるのが難しかったです。

Q:お花のこだわりのポイントはありますか?それはどこでしたか?

A:沢山あります!まずそれぞれのアイドルを好きな人がイラストを担当したパネルです。絵は描く人の個性やキャラクターへの解釈がかなり出るので、この企画をやる中でとても楽しみでした。提出されたイラストを見ると、「この人はこのアイドルをこう思ってるんだな〜」とストレートなわかりやすさがありました。 また、花のデザインを話し合って決めたのですが、「各キャラ差し込む」「炎陣なので(リーダーである)拓海と赤い花を囲うように各メンバーとカラーを置く」「燃え上がるステージをイメージする派手さ」「学ランの刺繍をイメージした金リボン&ラメの黒生地」をお花に詰め込んでいただきました。資料としてキャラクターのイラストも何枚か添付させて頂きました。 それも、「ラメの黒生地」とこちらからご連絡したにも関わらず、指定された布幅のものが見当たらなかった&何故か皆乗り気すぎて「黒地にギンギラギンの金スパンコール生地」を用意してしまいました。流石にまずいのでは……と冷や汗をかきましたが、大変綺麗にまとめて頂き感謝しかありません。

Q:完成した写真を見てどう思われましたか?

A:とにかく素晴らしいの一言です!イメージ遥かにを超える凄さ、私のかなりアバウトなデザインイラストとオーダー内容をここまで丁寧に拾って頂けるとは思っていませんでした。一緒にお花を贈った子達も、すごい!華やか!綺麗!豪華!メンバーカラーが再現出来て嬉しかった!と大喜びです。友達に自慢して回っています。笑 お手紙等でも思いを伝えることは勿論出来ますし、言葉数だけなら3枚の便箋の方がお花よりきっと多いです。ですが、便箋には語れない言葉をお花は持っています。当日には、その言葉を運んでくれて見守ってくれます。勿論、お花屋さんとのやり取りの中で伝言ゲームを間違えてしまえば全く違う意味になってしまいかねません。今回は「どんな時でもガチが信条」な女達が考えたマブいお花を、ストレートな感情と派手さを含み間違いなく作っていただけました!

Q:演者さまがTwitterにアップして下さいましたね!!スタッフもとても嬉しかったので、お客さまは一層かと思います。どのように思われましたか?

A:感想の第一声は「花でかっ」です。40cmに無理やり収めたのでは?爆発力が凄い。とお写真を頂いた時にも話していましたが、やはり大きいのでは?と。それに花単体の写真まで上げて頂きました。感無量です。 私は原優子さん演じる向井拓海が1番好きですが、その中でも思い入れの強い衣装でお花と一緒に写真を撮って頂けたのが嬉しくて嬉しくて!実はこの日、私にとっては悲願だった曲の初披露がありまして。炎陣も揃って純情Midnight伝説を歌いましたが、全員個人衣装での歌唱は初でした。普通のアイドルや舞台に比べると現場の数が年1程度と少なく完全に賭けになります。そんな中、見たかったものを全部見れて確実に一生の思い出です。 また、共同で贈らせていただいた中で木村夏樹演じる安野希世乃様が好きな子は「いつも応援している演者様への祝福と感謝の気持ちを演者様に受け取って頂けたと実感することができ、筆舌に尽くしがたい喜びを感じました。」とお話していました。 素敵に作っていただいたお花で、少しでもアイドル・声優さん達を応援出来たなら良かったなと思いました。

インタビューを終えて

「お手紙等でも思いを伝えることは勿論出来ますし、言葉数だけなら3枚の便箋の方がお花よりきっと多いです。ですが、便箋には語れない言葉をお花は持っています。」本当にこのお言葉が素敵すぎて、この一文全てをタイトルに表示したかったです…!花を扱う身として、このような想いを持つ方のお花をお承りでき、本当に嬉しく、ありがたく感じました。 また、複数の方々が関わるお花ならではのエピソードも、思わず暖かい気持ちになりました。大変でも花贈りを楽しんでいらっしゃることがよく伝わってきます。 お忙しい中、インタビューにお答え頂き、本当にありがとうございます。この場を借りて、改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

花れぽ

こちらの素敵なお花はお届け先さまにご紹介頂けました。