Interview

舞台Infini-T Force 小波津亜廉さま宛て楽屋花

作品に関わる方々が見ても楽しんで頂きたい

Sakaseruリピーターのお客さま。初めてのオーダーから、2度目のオーダーまで1ヶ月ほどでリピート頂きました。 毎回フラワーデザイナーと協力の上、非常にこだわったオーダーをされることから、今回インタビューにお答え頂きました。大切な初めてのお花を、Sakaseruでオーダーして頂いたこと。また、そのひと月後に再度オーダーして頂けたこと。お気持ちに変化はあったのでしょうか。いくつかご質問に答えて頂きました。

Q : 今回、前回とそれぞれなぜSakaseruでオーダーしようと思ったのですか?

お花を出すに至るまでに様々な祝い花を検索してきましたが、ほとんどのお花屋さんはオーダーの際、ひな形のスタンド花からおおよそのお花の色を選ぶことしかできませんでした。フルオーダーがあったとしても高額な場合が多く、自分の満足できるお花を依頼することは難しいように感じていました。 Sakaseruさんではひな形が一切なく、完全フルオーダーで世界に一つだけのお花を作って頂ける上に、過去の事例からお花の仕上がりや費用感を想像しやすく、お花をオーダーする際のハードルがぐっと下がったように感じられたため、オーダーさせて頂きました。

Q:お花を贈るのは前回が初めてだったと伺いました。なぜ前回のタイミングで贈ろうと考えられたのですか?

お花を出すチャンスは何度かありましたが、初めてのお花は、わたしが一番大好きなキャラクターを演じてくれている、思い入れのある舞台で出したいとかねてから考えていました。その舞台のライブで、祝い花が解禁になったため、キャラクターカラーや作品らしさを反映した最高のお花を作って頂けそうなSakaseruさんにお願いすることを決めました。

Q:初めて贈るお花に対し、一番不安に感じていたのはどの部分でしたか?また今回についてももし不安だったことがございましたら教えて下さい。

お花に沢山接して来たとはなかなか言い難いわたしにとって、一番掴み辛いのが費用感でした。自分が満足できるお花を作って頂くにはどれくらいの費用が必要なのか、自分の想定していた予算で豪華なお花なんて作って頂けないのではないかと考える方は多いと思います。 Sakaseruさんのサイトでは、過去の事例を予算付きで掲載して下さっているため、自分の予算でどれくらいのお花が出来るのかが想像しやすく、費用の面での不安感が払拭されました。

Q:前回に続き、今回も堀野にご依頼を頂きました。その一番の理由は何でしたか?

前回のオーダーでは、「ひまわり」と「ハイビスカス」を使用したいとお伝えしていましたが、お花を送る時期は7月の中旬で、ハイビスカスが準備できるか厳しい時期でした。わたし自身もそれは重々承知していて、「おそらく難しいだろうな。断られるかもしれないな」くらいの気持ちでオーダーしましたが、堀野様は決して「無理」とは言わず、生花のハイビスカスが準備出来なかった場合の対応策まで提示して下さいました。 それ以外にも、メッセージのやりとりから得る情報だけでなく、堀野様自身も作品に関して調べて下さっている様子が感じられたため、今後のお花も堀野様へ依頼しようと決めました。

Q:前回のオーダー完了時、10月にまた贈りたい、とのお話がございましたが、今回8月に再度オーダーを頂きました。それはなぜでしたか?

前回のオーダーからしばらくした後、今回の舞台への出演が決まり、伝統も知名度もある、古くから沢山のファンがいらっしゃるヒーロー作品の舞台化であることがわかりました。そういった作品へ出演するということは、演じられている役者さんにとってはとても光栄なことである反面、並々ならぬプレッシャーがあると以前に本人から伺いました。応援しているわたしたちファンに出来ることは少ないですが、少しでも後押しになればと、お花を出すことを決めました。

Q:「応援している方へお花を贈る」ということについて、初めてだった前回と今回とで、込めた想いや目的に違いはありましたか?また、それはどんなものでしたか?

初めてお花を送った前回は、とにかく送りたい!という気持ちだけで、色々といっぱいいっぱいな部分が沢山ありました(笑) 今回お花を送らせて頂くにあたり、送る相手の俳優さんだけでなく、作品に関わる方々が見ても楽しんで頂けるような、作品のイメージを反映したお花を送りたいと意識するようになりました。

Q:前回と今回と、それぞれこだわりのポイントはどこでしたか?

前回はお花の種類にこだわりました。 キャラクターの誕生花がひまわりとハイビスカスで、どちらを入れるか迷ったのですが、演じられている俳優さんの出身が沖縄ということもあり、どちらのお花も入れていただくことにしました。また、アイドルを題材とした作品だったため、アイドルを応援する際に使用する、メッセージの書かれたうちわを自作し、装飾として付けていただきました。

今回のお花は、色合いにこだわりました。 ヒーロースーツが公開された際、最もインパクトがあった部分が、赤と青のコントラストでした。古くからあるアニメのスーツを踏襲したデザインだったため、お花もそれに倣い、赤をベースに青をポイント使いして頂きました。「ヒーロースーツのイメージで」という一言だけで、スーツ胸部のロゴをイメージしたのか、一際鮮やかな青のお花を中心に使用して下さり、とても満足のいく仕上がりとなりました。

Q:いずれも手作りのプレートや装飾品をご用意頂きました。制作にはどれくらい期間がかかりましたか?

最初にお願いしたお花のプレートは、友人にイラストを依頼し、一緒にパネルの構成を考えました。背景とイラストとのバランスを細かく修正したため、デザインを貰っては差し戻しを繰り返し、およそ2週間程度で仕上げました。 うちわの作成は既に何度か行っていたため、デザイン・制作あわせて1日で仕上げました。

今回のプレートは、自分1人で制作しました。イメージとなるヒーロースーツの写真や、アニメでの描かれ方、また、それらに付随するグッズ類の写真を集め、カラーリングのイメージなどをまとめました。使用する背景画像と文字のバランスやフォントなど、様々なパターンを準備し、比較を行ったため、制作にはおよそ4日程度かかりました。 どちらもPhotoshopを使い、文字やプレートの切り出しはプロッターではなく手でカットしました。

インタビューを終えて

今回インタビューにお答え頂き、応援する方へお花を贈るということがどういうことなのか、より一層、スタッフもわかった気がしました。 皆さまの想いをSakaseru通じ贈らせて頂いていること、改めてありがたく感じます。 お客さま、この度はオーダーならびにインタビューにお答え頂きまして、誠にありがとうございました。 この場を借りて改めて御礼申し上げます。